魔子Dr.の診療日記 〜医療法人島越内科〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 年末年始の食事の誘惑

<<   作成日時 : 2007/12/29 02:42   >>

トラックバック 0 / コメント 4

何でこんな朝早くというか夜中に更新?なんて事は横において・・・・。

とっても面白い記事を見つけました。
ちょっと難しいけど、まずは論文そのもの(日本語訳)を、コピペしますね。
どうぞ・・・・。

食べ物を無理強いする人から食欲をそそろうとする仲間まで、年末年始の食事の誘惑に打ち勝つ方法をご紹介する

やっと体重管理に成功したと思ったら、食べ物がそこらじゅうに溢れる年末年始である。オフィスから工場、事務用品店からドラッグストアまで(パーティーや家庭のイベントの多さは言うまでもない)、感謝祭から新年にかけての連休シーズンはまるで私たちを太らせようとするかのようにご馳走続きになる。
専門家は、この季節に特有の雰囲気も手伝ってダイエットの努力にダブルパンチを与えると言う。
「休日のストレスに加えて睡眠不足を抱え、沸々と湧き上がる感情は爆発寸前。そこへちょうどたくさんの食べ物が目の前に現れたら」とニューヨーク大学医療センターで体重管理を専門とする臨床心理学者Warren Huberman, PhDは言う。「食事管理に問題がある人にとって、この組み合わせは危険」。
しかし、年末年始のご馳走でせっかくの減量計画をだめにしない方法がある。まず最初に、実際どのようなきっかけで食べ過ぎてしまうのか自覚することが一番いい方法であると専門家は言う。


食べ物と感情:年末年始の体重を増加に導く二重の要因

手作りのカノーリやジャーマン・チョコレート・ケーキ、こういった食べ物が過食を誘うと思いがちであるが、美味しそうな食べ物がまわりにあることだけで食べすぎになるわけではない。ある最近の研究によると、私たちの過食はシーズンによらず、まわりにある食べ物の刺激というよりは感情に影響されるという。
Heather Niemeier, PhDらは『Obesity』誌に発表された研究で、実際のところほとんどの人の過食の原因には心理的因子があることを発見した。感情によって過食に走る人々は、減量および減量後の体重維持に苦労する傾向にあることも分かった。
「減量の成功に関して言えば、感情と思考は環境的要因より大きな役割を果たしているらしいことが明らかになった。人間は感情に反応して食べるのである。年末年始の時期は、いい感情も悪い感情も、すべて呼び起こされやすい」とNiemeier博士は言う。博士は、ロードアイランド州のミリアム病院体重管理・糖尿病研究センターおよびブラウン大学ウォーレン・アルパート・メディカルスクールの研究者である。
過去の年末年始の思い出に浸っている人、延々と続く家族間の争いに直面しなければならない人、あるいは1人で過ごす人、そんな多くの人たちにとってこの時期は寂しい季節でもある。
「これまで人生のどこかで、ある感情に対して食べるという行動で反応した場合、その反応は再び繰り返されることになる。この反応関係は長い間に何度も何度も繰り返され強化されていくので、一度出来上がったらなかなか壊れない」とモンテフィオーリ医療センター(ニューヨーク)の認知行動療法プログラム責任者Katherine Muller, PsyDは言う。
また、この時期は食べ物自体が感情の引き金になり、もっと激しい感情の放出につながりやすいことを示した研究もある。
「音楽で記憶が呼び起こされるように、特定の食べ物も記憶を呼び起こす。しかも臭覚は脳に直接つながる経路である」とHuberman博士は言う。「時々、特定の料理の匂いをかいだだけである感情が誘発されるのはこのためで、私たちは知らず知らずのうちに何回もバイキングを往復したりする。自分でもその理由は分からない」。
この点に関して、料理が自分の全記憶の中でどんな役割を果たしているか一瞬考えるようにするとその食べ物の誘惑に勝つことができるという。
「その感情を持っていること、記憶について考えることはよい。だが、楽しいとかつらいといった感情に結びついた食べ物を口にすることで当時を思い出したり、ごまかしたりすることだけはしないように」とMuller博士は言う。


年末年始の体重増加を防ぐ計画を立てよう

なぜ食べてしまうのかを理解することはある程度の抑止策になるが、誘惑にいかに対処するか計画してご馳走に臨むことも重要である、と専門家は言う。
「パーティーに行ったらその場でなんとかしようとか、ましてビュッフェのテーブルに行かなければいいと考えているのなら、抑制を失って目に入るものすべてを食べてしまうことはほぼ確実」とHuberman博士は言う。
その代わり、対応策を立てなければならない。
『Behavior Research and Therapy』誌に最近発表された研究で、食べないようにするだけで食欲を抑制しよう減量すると、過食に対応策を自ら身につけた人に比べて過食のリスクが大きかった。
なかでも有効な対応策は、食欲の「フラッシュカード」を使ったポジティブな独り言だ、とペンシルベニア大学(フィラデルフィア)臨床心理学准教授で『Beck Diet Solution』の著者であるJudith Beck, PhDは言う。
「Beck Solutionのひとつは、やせたいと思うもっともな理由をすべてリストアップして、毎朝自分自身に読み聞かせる方法である。何か計画にないものを食べたくなったときはそれを読み返せば、食べ物をあきらめる行為が価値のあることだと常に思い出すことができる」と博士は言う。
博士は、上司に昇給を願い出るとき話し方を練習したり、困難を前にして自分を励ますときと同じように、やせたい理由を繰り返し口にしなければならないと考えている。
「自らコンディションを整え、自分にとっての食事の意味について考え方を変える必要がある」とBeck博士は言う。
Muller博士は、この方法は「思考タイプの人」には効果があり筋書き通りに運ぶだろうと言う。もっと衝動的な「見たらすぐ食べてしまう」タイプの人には「マインドフル・イーティング」という方法が一番よいという。
「私たちの内部の原始的な感情がある場所と過食はつながっているので、私たちは無意識に食べ始めてしまう」とMuller博士は言う。「その対応策のひとつは、注意深さを磨くことである。その場で常に自分を振り返り、自分の手にあるもの、お皿に載っているものに注意を向け、食べているものを意識するとよい」。
Huberman博士は、パーティーにはいくつ行ってもいいが、それぞれ計画を立てていくことが大事だという。「何皿食べるか制限してもいいし、各コースで食べる量を制限してもいい。大好きな食べ物3つだけ食べる、と決める手もある。重要なのは、食べる量に条件をつけ、その計画を必ず遂行することである」。


「食べ物を無理強いする人」に負けるな

とはいえ、最善の策を立てても、食べ物を強引に勧めてくる人のおかげで年末年始の食事目標はやはり狂うもの。つまり、太りやすいご馳走を勧めて否とは言わせない友人、家族、同僚である。
「どんな理由であれ、こういう人たちは自分が勧めた食べ物を人が食べるまで休日のお祝いは終わらないと信じている」とHuberman博士は言う。
大きなクッキージャーを持ってくる同僚から、ペカン・パイや炭水化物をあれこれ勧めてくる母親や大叔母さん、ダイエットを破綻に導くご馳走をむさぼり食べるまで帰してくれない女主人。善意ある友人や家族ですら、あなたのダイエットに影を落とす存在になる。
一番簡単な解決方法は、ただ一言「けっこうです」と何度も何度も言うことだそうだ。
「我々はこれを“壊れたレコード法”と呼んでいる」とHuberman博士は言う。「丁寧に断り続ければ最終的には押し付けをやめるだろう。無礼にする必要はないが、断固とした態度をとらなければならない」。
Beck博士は、自分自身のためになることを当然していいはずであると思うべき、と付け加える。
「アレルギーや宗教的理由で食べ物を断っているのなら“けっこうです”と断るのをためらう必要はないので、それを貫き通すべき」とBeck博士は言う。「“要りません”と断るときはそのような権利の感覚を持つことだ。なぜなら自分の健康を守っているのだから」。
あなたが食べたくない理由の多くを説明する必要はない。「ダイエット」という言葉を出す必要すらない。
「本当に“けっこうです。とても美味しそうな匂いですが本当に満腹です”と言うだけでいい。それ以上説明する必要はない」とHuberman博士は言う。
太りそうなものを皿にとらざるを得ない場合はとっていい、とMuller博士は言う。そうしたら、隣の部屋でそれを捨てればいい。
「あなたの皿の上あるいは手の中にあるからといって、それを食べなければいけない義務はない」。



いかがですか?
アメリカの論文なので、ちょっと日本の食文化や習慣と違うとは言え、なかなか良い事書いてありますよね。
“要りません”と断る勇気さえあれば、ダイエットは成功するって事ですよね。
でもブタは道連れ・・・・なんて考えているようでは、ダメでしょうね。
年末年始、お節だけでなく、何かとごちそうが続く日々、何とかせねば!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今日まで診療、ご苦労様です。先生のブログに直接アクセスする方法にやっと気付きました。美味しい食事は人生の楽しみです。お寿司・牡蠣のピザとか拝見するだけで涎がでそうです。ただ、今日の先生の紹介論文にもあるように、心理的要因で今はちょっと。(昔は痩せの大食いで呆れられておりました)先生のコメントには大感謝。有難うございました。良いお年を!
うつうつ胃
2007/12/29 12:03
朝寝して
宵寝するまで
昼寝して
時々おきて
うたたねをする (蜀山人)

でしたよね。
このお正月は、一日ぐらいこうして過ごそうかな・・・・。
とか言いながらも、昨日は、病棟がバタバタ忙しくて、一睡もしていません。
眠い!!
今なら一日眠れそうです。
魔子Dr.
2007/12/29 13:27
わあ年末だというのにばたばたお忙がしかったんですネ!!お疲れさまです。
私はやっと落ち着いた年末&年始をおくれそう♪
私に食べ物を無理じいする人はいないけど、ついつい食べすぎちゃうんですよね!
意志薄弱なうえに食い意地が張ってるのは一生なおりそうもありません。

今年は魔子Dr.さんとお知り合いになれて幸せな一年となりました。
本当にありがとうございした。
来年もよろしくお願い致します、そして良いお年をお迎え下さい。
ホント!1日ぐ〜たらできる日があればいいですね♪
あやのすけ
URL
2007/12/30 13:19
今年の年末年始は、ゆっくり・・・・とは無縁の生活になりそうな予感です。(溜息)
こちらこそ、あやのすけさんとお知り合いになれて、とても楽しい一年でした。また来年もよろしくお願いいたします。

そうそう、今度、友達とフレンチに行こうとお店検索していたら、あやのすけさんの推薦コメントを見つけましたよ。
魔子Dr.
2007/12/30 16:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
年末年始の食事の誘惑 魔子Dr.の診療日記 〜医療法人島越内科〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる