魔子Dr.の診療日記 〜医療法人島越内科〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 毒入り中国餃子

<<   作成日時 : 2008/02/29 11:45   >>

トラックバック 0 / コメント 2

毒入り中国餃子

タイトルにすると、なんて毒々しいんでしょう・・・・


昨日、中国公安省がギョーザ事件で
 有機リン系殺虫剤「メタミドホス」が中国で混入された可能性は低い
と発表しました。

その前に日本の警察庁は
 メタミドホスは中国で混入された可能性が高い
としているにも関わらずです・・・・。

中国公安省の発表ですが、どうやら中国政府見解との見方もされています。

でも、こういう形で、この事件がうやむやに幕引きされてしまうことは容易に想像できたことではないでしょうか。

中国ではここ数年、食に限らず中国製品の安全面が疑問視される事案がいろいろありました。

  毒入り歯磨き粉

  舐めたら毒が溶け出てくるおもちゃ


日本だけでなく、海外でも中国製品を買い控える動きがでています。
この事件の解決が長引くことは中国にとって、決して好ましいことではありません。
そして何よりも、中国に問題があったなどと言う発表は、間違ってもしないでしょう。

  なぜなら、

中国はオリンピックを控えています


そんな危険な国でのオリンピックの開催は大丈夫なんだろうか・・・・
選手の安全は確保されているのか?
選手だけでなく、応援に行くであろう自国の国民は中国で何を食べればいいのであろうか?

なんて声が上がる事が一番、一番心配なのではないでしょうか・・・・。

実際問題、そういう声は上がってきているように思います。

テレビや新聞で街角などでの中国人の言葉として、
「国を挙げて奨励している輸出品に農薬などの問題があるのなら、国内に流通している食品は怖くて食べれない」
「中国産のお米よりも高くなるが、日本のお米を買って食べているけど、とても美味しい」
「中国では特別な畑があって、そこで安全に留意して作られたものを 中国の高級官僚や富裕層は食べている」
何ていうのが聞こえてくると、ちょっと考えてしまいますよね。

今回の餃子事件が、
どういう形で終わったとしても・・・・。
日本の企業が今後中国とどういう形でつきあっていくにしても・・・・。

それはそれとして、

私たちがバカでないところを知らしめましょう

食の安全は自己責任です

これまでの後手後手の対応を見ていると、国が守ってくれるとは思えません。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
近所のスーパーに行ったら、魚介類から野菜、果物まで全て産地が表示されるようになっていました。魚介類は特に国内産が少なくて高い。鍋の材料のアンコウも中国産、値段の安さに手に取ったあん肝も中国産でさすがに止めました。それにしても輸入品の多さに改めてびっくりでした!
うつうつ胃
2008/03/01 12:33
うつうつ胃様(^^♪

少し高くなっても、安全なものを選んでいく必要がありますよね。ちょっとお財布は寂しくなりますが、健康な体があっての話ですものね。
病院の食材選びもとっても大変です。うちは家内工業なので、食材の調達も、自前なので・・・・。
魔子Dr.
2008/03/01 16:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
毒入り中国餃子 魔子Dr.の診療日記 〜医療法人島越内科〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる