魔子Dr.の診療日記 〜医療法人島越内科〜

アクセスカウンタ

zoom RSS エジプト旅行記B 〜ルクソール東岸観光@〜

<<   作成日時 : 2008/08/30 20:41   >>

トラックバック 0 / コメント 6

カイロから670m南のナイル川沿いにあるルクソールは、昔テーベといわれており、中王国時代から新王国時代にかけてエジプトの中心地でした。偉大なギリシャの詩人ホメロスが「百門の都、それゆえ砂漠の砂粒のみが、その財宝の数を凌ぐ」と詠んだ古代エジプトの首都テーベの一部で、第18王朝期にはメンフィスに次いで首都として栄え、歴代ファラオによって、多くの壮大な神殿や王墓、葬祭殿がたてられました
また、ルクソールはナイル川をはさんで東岸と西岸に分かれており、神殿や町としての機能は東岸、墓は西岸に集中していますが、古来より太陽は死と復活の象徴とされていたようで、太陽が登る東岸を「生者の都」、沈む西岸を「死者の都」とし、王たちは復活を信じて荒涼とした岩山が続く渓谷に墓を造ったと言われています。

まずは、ルクソール東岸観光の はじまり はじまり

画像


ではカルナック神殿の観光から・・・・・

王が神となっていた古王国時代、アメン神はテーベという小さな地方都市の神でしかありませんでした。しかし、中王国時代に、テーベが発展すると共に、第12王朝時代に太陽神ラーと結合し、アメン・ラー神となって国家最高の存在となりました。その最高神の庇護に置かれた歴代の王がカルナックに造営したことから、カルナック神殿はエジプト最大規模を誇る神殿となっています。

画像


牡羊はアメン神の聖獣とされており、いたるところに見られます。まずは牡羊の頭のスフィンクスがずらっとお出迎え・・・・。

画像画像画像


第1塔門の裏には、日干し煉瓦を積み上げた跡があります。これは、日干し煉瓦を足場にして塔などを建造したことを想像させます。

画像


大理石でできた牡羊の頭のスフィンクスもいました。

画像


第2塔門の前には私の大好きなラムセス2世の巨像があります。足もとには、一番のお気に入りだったネフェルタリ王妃が控えています。

画像


画像画像

画像画像

画像画像


第2塔門を過ぎると大列柱室です。
柱の数はなんと134本。開花式または閉花式パピルス柱の森です。
第18王朝アメンヘテプ3世が着工し、その後ラムセス2世が装飾の大部分を完成させたといわれています。

画像画像


神殿の中で大事な部分、至聖所です。
日陰で涼しい・・・・
天井には星のリリーフが残っています。

画像画像


振り返ってみると、トトメス1世と男装の麗人ハトシェプスト女王のオベリスクが突き出ています。

画像


聖なる池は、長さ120m、幅77mある大きな池で、神々の沐浴・航海の儀式に使われました。

画像


ケプリ神を表わす巨大なスカラベ(フンコロガシ)は、幸運を呼ぶといわれており、この円柱の周りをまわると願いがかなうとの事・・・・。
3回で幸せになれる 
5回でお金持ちになれる 
7回で幸せな結婚ができる 

ツアーの人たちもみんな一緒にクルクルまわります。
ちょっと異様な光景・・・・。

画像画像


残念ながらというか、あまりに疲れていたこともあって、私たちは参加しなかったけど、カルナック神殿の音と光のショーはなかなか素晴らしいらしい。

画像画像

画像画像



この日は雲一つない快晴
軽く40度はこえていますが、日陰に入るとちょっとひんやり・・・
でもさすがに体力は消耗しているようで、ちょっと小腹がすいてきたような?
だ〜れ。大腹何ていうのは・・・・。

という事で、エジプトに着いて初めてのお食事です。
パスタのスープです。
小さいお米の形をしたパスタです。
プチプチした食感が美味しい。
でもスープの味はちょっとしつこくて塩辛い感じ・・・・。

画像画像


パンはカリカリのコッペパンと、ピタパンです。
パンにつけるタヒーナもいろいろあります。
シンプルなゴマ味となすびがお気に入り

画像画像


今日は魚料理との事で、魚のフライ?
エジプトでは、すべてfishとの事で違いがわかりません。ガイドさんはスズキだと言うのですが、私はなまずだとにらんでいます。
お魚にかけるようにとタジンも出てきました。
ちょっとスパイシーなトマトの煮込みっていう感じで、結構好みかも

画像画像


デザートはスイカ
この時期のスイカは美味しいとの事で、この後何度も出てきたけれど、ここのが一番甘くてジューシーで美味しかったかな。

画像


お腹が満たされたとは、ルクソール神殿です。

エジプト旅行記Cに続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
わ〜〜!!やっぱりカルナック神殿すごい!
遺跡好きの私にはルクソールもまたあこがれの土地です♪
西と東の谷とた〜っぷり時間とりたいですネ!
でも体力いりそ〜〜!!行くならちょっと気候が落ち着く3月あたりでしょうか?

食事も美味しそうじゃないですか!安心しました〜〜
これなら、私でも何とかやっていけそう。
エジプトのスイカ食べるにはやっぱり夏?
あやのすけ
2008/08/31 13:23
あやのすけ様(^^♪
遺跡好きのあやのすけ様のつぼにはいると思ったんだよね〜〜。
是非是非行ってみてくださいね。
そうそう、3月は砂嵐が多いからやめた方がいいですよ。
スイカやメロンの季節に行きたいなら、暑いけど断然夏ですね。
冬場は、みかんやりんご、ブドウが美味しいそうです。
魔子Dr.
2008/08/31 18:08
40度と言えども、日本と違って
空気が乾燥してるのでしょうね〜。
その分、日陰が涼しいのでしょうか。
写真からも感動が伝わるけど、
実物の方が、やっぱいいんだろうなぁ〜〜。
(博物館でエジプト展は〜、
見に行った事あるけどね。^^;)
マリルン
2008/08/31 23:17
読み応えありますよぉ〜!!素晴らしいっす>魔子先生★
幸せになるんやったらなんぼでも周りまっせーって
感じでぐるぐるすると思います。わたし。(あはは
やっぱり神殿が素晴らしい。
テレビでしか観たことのない私にはやはり
生きているうちにこの目にしたいー。
mint2
2008/09/01 21:53
マリルン様(^^♪
太陽のジリジリした陽射しが痛いけど、日本の暑いという感覚ではないんですよね。
写真より、実物は絶対感激しますよ。
スケールが想った以上ですから・・・・。
魔子Dr.
2008/09/02 15:56
mint2様(^^♪
ガイドによっていろいろ説明が違うようなので、どこまで本当かわかりませんが・・・・。
『信じるものは救われる』
ってところでしょうか。
娘は真剣な顔して7回まわっていました
( ̄m ̄*)プッ
魔子Dr.
2008/09/02 16:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
エジプト旅行記B 〜ルクソール東岸観光@〜 魔子Dr.の診療日記 〜医療法人島越内科〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる