魔子Dr.の診療日記 〜医療法人島越内科〜

アクセスカウンタ

zoom RSS エジプト旅行記H 〜アスワン〜

<<   作成日時 : 2008/09/11 16:59   >>

トラックバック 0 / コメント 6

ようやく長いバスの旅から開放されたのは、お昼をかなり回ったころでした。
ずっとバスに乗っていた割には、朝が早かったからか、適度にお腹がすいてきていました。
今日のお昼は、アスワンにはここしかないの?って言うくらい連日で通ったレストランでのお食事です。
このレストランは、観光客にもアルコールを出してくれないので、仕方なくイチゴジュースを頼んでみました

画像


これが結構おいしかったんですよね。
フローズンにしたイチゴに砂糖をたっぷりぶっかけて、そのままミキサーで潰しただけといった感じの、ドロドロ濃厚ジュースです。
もう少しお砂糖控えめでも・・・・って思ったりもしますが、なかなかいい感じです。
ただ、ストローで吸うにはかなりの吸引力を要します(笑)

最初は、モロヘイヤスープです。

画像


モロヘイヤスープは、好き好きがあると添乗員さんが言うのがわかった気がします。
私は苦手かな・・・・。
モロヘイヤの粘りやアクは気にならないんだけど、油っぽいのが・・・・。
スープというよりは、なんか油の中にモロヘイヤのドロドロが浮いている感じなんですよね。
スプーンに付いた油を見ただけで、食欲減退

そして、今日のメイン料理は、タジンでした。
今回のfishは一緒に煮込んでありました。
きっとナマズに違いない・・・・。

画像画像


お魚がホッコリ、トロ〜ッとしていてとっても美味
アツアツの一人鍋で満足
そのまま食べてもいいし、ご飯と一緒に食べてもグ〜

でもね、ここからがエジプトらしいんだけど。。。。

それぞれの鍋によって、味がまちまち!!

私のは
『ちょっと塩気が多いかな・・・・。でもエジプトの人は濃い味が好きだから、こんなものかな?』
という程度。
でも娘のは、

『ジャリジャリ音がしそうなほど塩辛い!!』

っていう感じ・・・・。
ツアーの参加者の半分は塩辛い鍋の大当たりでした

デザートはメロンだったのですが、これが硬い!!
ナイフとフォークがないと、歯が折れそう・・・・
味は、思いっきり瓜!!

このレストランは、ナイル川の小島にあります。
だからレストランまで船で行くんですよね。
画像

30人ぐらいは乗れる大きさなんですが、エンジンは超小型で、日本なら小さな二三人用の船についていそうな物です。
これで一日に何往復もしていて、いつエンジンから火が出てもおかしくない。

さて昼食のあとは、アスワン観光です。
外気温47度の中、観光といわれても足が前になかなか進みません。
影になる物が全くない岩の丘にある切りかけのオベリスクです。
もしこのオベリスクが完成していたら、世界一の高さのオベリスクになっていたようですが、残念ながら工事途中でひびが入ったために、放棄されたようです。

画像画像


画像


解かりますか?
採石場では、まず適当な大きさの一枚岩を選び、そこから切り出して作るそうです。
オベリスクの作り方
 @石に切り込みをつけて、そこに木のくさびを打ち込む。
 Aくさびを水で濡らす。
 Bくさびが膨張し、自然に石が割れる。

このようにすると、切り口が滑らかになるのだそうですが・・・。
どうなんでしょう?
あくまで想像ですよね・・・・。
と言うより、この熱い岩の上で焦げそうになりながら、想像なんてできません!!

人間の丸焼きになる前にバスにもどって、次はアスワンダムとアスワンハイダムです。
アスワンダムは車窓だけで、ダムという雰囲気はイマイチ伝わってこず・・・・
でもそれは、アスワンハイダムも同じで・・・・

画像画像画像


ダムもピラミッドの形をしているとか言っていたような気が・・・・。
日本のダムとは様式が違って、なんかダムに見えません。

ダムによってせき止められてできたナセル湖は世界一の人工湖です。

画像


イマイチ伝わりませんね・・・・。

そろそろ疲れてきてホテルでゆっくりしたいという表情がありありの私たちですが、ガイドさんに連れられて、香水と香水ビンのお店に行きました。

画像


香水は疲れた体を癒してくれるかと思いきや、ちょっと日本人にはきつい感じ・・・・
細かいガラス細工の香水ビンは、中身なしでも置き物のとして可愛い感じです。
手作りとのことで、ヌビア砂漠の細かい砂を使っているから壊れにくいとはいうものの、日本まで持って帰るのは・・・・。
結構いい値段するんですよね。
その割には・・・・って感じでしょうか。
同じ香水ビンなら、小樽の北一硝子の方がいいものありそう?

やっと開放されて、ホテルです。
今日のホテルは、PYRAMISA ISIS ISLAND RESORT & APA ASWANです。
ナイル川の中州と言うか、小島にあるホテルで、とっても素敵!!

画像画像

画像画像画像画像

画像画像画像


せっかく素敵なホテルなのに、滞在時間は数時間・・・・
モッタイナイ。
なぜ数時間かって?
だって、明日の朝はアブシンベル神殿観光のために、朝というか夜中というか、3時半出発ですから・・・・。

と言う事で、早目に(?)夕食を頂きました。

今日はホテルのレストランでの夕食です。

画像


とっても素敵なレストランでした。
今までのところが相当ひどいというのもありますが・・・・。

最初に、レンズマメのスープ

画像


豆と言うことを除外したら、美味しい味です(笑)

メインはこれまで何度か出てきたコフタです。

画像


ここのコフタは結構美味しかったです。
全部食べちゃったもの・・・・。
コフタは相変わらず、固めのハンバーグって感じなんだけど、ここは何が違うって、文明の利器のケチャップがあったんですよね。
どこのテーブルにもまっさらのHEINZのケチャップが常備♡
瓶なので、とってもとっても出しにくくて、どこのテーブルからも、「オオッ!」「わ〜!!」などと叫び声が聞こえてくるところをみると、みんなタップリつけたのね。

デザートは、初めてエジプトらしい(?)甘い甘いスイーツ

画像


お砂糖タップリ
油でギトギト

二口が限界でした・・・・・

夕食はビールがありました。

画像


この前のは、STELLAビール
今回のは、SAKARAビール
どっちが美味しいかって言ったら、私的にはSTELLAビールかな?
でも大してかわりはないような感じです。
サントリーとサッポロの違い程度?
私の大好きなキリンラガーには程遠い・・・・・

娘は、チョコミルクセーキを飲んでいました。

画像


食事には合わないだろうにね。


このホテルはもう少しゆっくり過ごしたかったけど・・・・。
朝食バイキングも期待できそうだったのに・・・・。
すべては明日のアブシンデル神殿観光のため犠牲となりました。
でも、それだけの価値のある観光でしたので、続きは明日のお楽しみ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
いつも行き届いた旅行記、
楽しみに読ませていただいています。
毎日実際にいった気になれるほどで
心細いエンジンの船に乗ったり、
油ぎとぎとの甘いデザートをほんの一口、
ほおばったような気になっています。
王家の谷などの観光案内やガイドさんの
様子なども楽しませていただきましたけれど、
パンフレットに載っていない、
実際にお食事をしての数々のコメントは
とってもリアルでいいですね。
アブシンデル神殿観光も期待しています。
spoon
URL
2008/09/12 06:33
エジプトといえばモロヘイヤ!スープはそんなに油っこいんですネ!?
私は刻んでお醤油かけてご飯と一緒にやお味噌汁に浮かしても好きかな?
って、エジプトじゃあムリですよね(笑)
ナイル川のホテル、ステキですね〜☆☆☆
折角なのにゆっくりできないなんて残念でした、、、。
アスワンダム!船旅で体感すると感動するらしいです♪

でもホントホント、行った気になるようなエジプト旅行記楽しませて頂いてます♪♪♪
あやのすけ
2008/09/12 08:47
spoon様(^^♪
美味しいエジプト料理を食べたいなら、日本のエジプト料理のお店に行ったほうがいいかもです。現地では、味覚がイマイチ日本人に合わないんですよね。すべてが大雑把! 繊細さに欠ける・・・・。 そして何よりも生野菜など食べれないものも多くて、結構つらいんですよね。
でも観光は、やっぱり行ってみないと、あのすごさは解からないだろうな・・・・。
魔子Dr.
2008/09/12 09:33
あやのすけ様(^^♪
モロヘイヤスープはすっごく楽しみにしていただけに、ちょっとショックでした。ツアーの人もほとんど食べれなかったかな・・・。完食していたのは、モロヘイヤスープが大のお気に入りと話していた添乗員さんだけだったかも・・・・。

小さいエンジンの船じゃなくて、豪華客船か、ファルーカでの舟遊びをしてみたかったな・・・・。この後レストランに行ったり、ホテルに戻ったり、イシス神殿に行ったりはすべて船での移動なんだけど、相変わらずいつ火を吹いてもおかしくない小さいエンジンの観光船なもので・・・・。
魔子Dr.
2008/09/12 09:38
旅で肝心なのはお料理だと思う。
不味かったら、旅の楽しさも半減だわ。

海外旅行は、食べ物の好みが合わないとというか、好き嫌いが多いと大変でしょうね。
真っ赤なジュースは、トマトかと思いましたがいちごだったのね。
ミルクが入ってないから、私にも飲めそう。
太目のストローが必要ですね。

香水は苦手だけど、香水瓶って可愛いのが有って結構好きです。
ぽぽ
URL
2008/09/12 16:46
ぽぽ様(^^♪
旅の醍醐味は、美味しいお料理と言っても過言ではないと思います。いつもと違った環境で、いつもと違ったお料理♡♡
いいですよね。
でもエジプトのお料理は、ちょっと・・・・。
暑さで十分バテている体には、ちょっとしつこい感じです。味も油も強い感じで、胃が悲鳴をあげそうです。
涼しい季節(?)なら、もっと食欲増進したかも?
エジプトではこの季節、トマトがすっごく美味しいんです。でも生のトマトは、絶対禁止! 鳥インフルエンザの事があるので、鳩料理も禁止! なんだかね・・・・。でもこれぐらい気をつけないとお国柄ってどうなんでしょう。
 
魔子Dr.
2008/09/13 08:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
エジプト旅行記H 〜アスワン〜 魔子Dr.の診療日記 〜医療法人島越内科〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる