業界用語?

昨日は栄養管理をしている厨房のコンピューターのソフトが動かなくなって、一日中バタバタしました。
何が原因かは現在調査中なのですが、ソフトのサポートセンターに問い合わせ、言われるままにデータを抽出し、インターネットでデータを送ろうとするのですが・・・・・。

厨房のPCはインターネットに接続していないので、データをPCからデバイスに抽出する方法に手間取ってしました。今時、CD-RしかついていないPCもないだろうと思うのですが、実は、フロッピーディスクしか付いていないんですよ。外付けのMOを持っていくと、接続できず・・・。結局フラッシュメモリーって言うんですか、それを購入に走りました。
次にインターネットで送ろうとしたら、まずデータを圧縮をかけるように言われ、これまた圧縮の方法がわからず立ち往生。
何とか、ネット検索して圧縮が出来たと思ったら、今度は、指定された方法で何度試してもデータを送れない。
最後に気づきました。
今時、アナログ接続でインターネットをしている所は無いんだと・・・・。

サポートセンターの人は、きっと、相手が女性だから丁寧に説明してくれたのでしょうが、それでも私にはチンプンカンプンでした。プログラムを作っている人にとっては当たり前の言語・動作でも素人には、さっぱりなんだという事をもっと解ってほしいな・・・・と思いました。

でもこれって医者という職業にも言えることなんですよね。医学用語は医者や看護師にとっては使い慣れた言語でも、一般の人には外国語のように聞こえますものね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック