インフルエンザの予防

関西でも、ボチボチ、インフルエンザの報告を聞くようになりました。
これまで報告があった地域は、滋賀県、和歌山県、兵庫県、大阪府・・・・・

そろそろ、予防対策が必要ですね。
今年は大ブレークするという噂も聞きますから、早目の予防接種をお勧めします。

ただし、今この時期に1回目をする場合、

2回接種が原則です!!

というのも、抗体価が上がるのに数週間、その後数ヶ月しか高い抗体価は維持できません。
11月に接種となると、長くても3月ごろには効果が切れてくる計算になります。
春休みや連休中も続く事が多いここ最近の流行にはちょっと心配です。

そこで、登場するのが2回接種です。
2回接種する事で、難しい言い方をするとブースター効果と言うのですが、効果を長く持続させる事ができるのです。免疫を賦活化して、抗体産生をより促すといったところでしょうか。

インフルエンザ脳症に進展する可能性の高い小児や高齢者の方、高熱で体調を崩している場合ではない受験生とその家族の方、絶対仕事を休めない方など、万全な対策が必要な方には、今の時期の1回目、12月ごろの2回目の接種をお勧めします。

当院のスタッフも11月に1回目、12月に2回目をしてインフルエンザ対策をしています。スタッフが患者さんにうつすような事があってはならないことですし、ぎりぎりの人数で勤務していますので、正直一人でも休まれると大変なんです・・・・。

この記事へのコメント

2007年10月30日 16:35
魔子Dr.さん
ご訪問頂きありがとうございます
今後も、宜しくお願いいたします。
インフルエンザの注射もうそろそろですね

今年もやる予定にしています、
2007年10月30日 21:05
はは!やっぱり今年も2回はムリそ~です(笑)
だって注射、大人になっても嫌いなんですもん。
って、やっぱDr.の立場からは×ですよね!
私の兄弟は医者の不養生の典型みたいな人でしたが、
さすがに子供が生まれたら健康オタクになりました♪

この記事へのトラックバック