子供が泣かずに予防接種を受けてくれる工夫

予防接種と言われて、大好き!!って言う方はいないと思います。
ましてや小さい子供の場合・・・・・

でも、小さい子供ほど、免疫力をつけるために様々な予防接種を受けなければいけません。
ある程度大きくなってきた子の場合、『必要性を説明』して『納得』して受けると言うこともできるでしょうけど・・・・。
もっと小さい子の場合、
『病院に行ったら痛い事された』
と言う記憶だけが残って、病院の前を通っただけでも泣き出す子がいる始末。
これでは、予防接種をする側も悲しくなります。

当院では、子供が少しでも気持ちよく予防接種を受けてもらえるように様々な工夫をしています。
その一つが、ブラッドバンです。
ブラッドバンってご存知ですか?
注射や採血したあとにはる小さい絆創膏です。
画像

普通は、このような真っ白です。


当院では、これにプリンターを使っていろいろな絵を描いています。
画像


ちょっとアップでご覧くださいね。

画像
画像
画像
画像
画像
画像


すごいでしょう。
可愛いでしょう。

注射前に嫌がって駄々をこねている子に、
「がんばったご褒美に可愛いシールを貼ってあげるよ」
って見せると、ピタッて泣き止む子も多いです。
注射をしないほうの手で、貼ってもらう予定のシールを握り締めて、必死で泣きたいのを我慢している子も・・・・。
時には奥の手で、シールを選んで気をとられているうちに、ブスッということもあります。

でも、これを作るのは結構大変なんですよ。

インターネットで、子供の好きそうな画像をダウンロードして・・・・
ブラッドバンの大きさに修正加工して・・・・
印刷!!


ブラッドバンのおきさも微妙だし、何よりも紙ではないので、プリンターの故障の原因になりながらも、がんばって作っています。
印刷した後も、ドライヤーで乾かしながら色を定着させて、乾かしてと手間隙がかかっています。

私のPCにはまだまだ画像があって、実はこれまほんの一部なんです。
キャラクターは日々進化するので、あまり古いのは人気がなくなるし、何よりも子供が喜んでくれないので、いつも新しい画像を探しています。

著作権なんて野暮なことはなしですよ。
売っているわけではないので・・・・
あくまで、子供たちが気持ちよく、嫌がらずに予防接種を受けてくれるための工夫です。

この記事へのコメント

2007年11月27日 14:32
訪問、コメントありがとうございました。
本当にかわいいシールですね!!作るの大変そうですが、子供が喜ぶのは間違いないですね。
けん
2007年12月17日 16:33
ディズニーは厳しいから止めといたほうがいいと思います。
著作権とか野暮なこと言う会社ですから。

この記事へのトラックバック