頑固な咳は百日咳の可能性も?

ここ最近、ボツボツと新聞などメディアなどにも取り上げられていますが、
大人の百日咳
が増えてきています。

百日咳は、特徴的な咳発作を有する急性気道感染症です。
最初はいわゆる風邪症状から始まるのですが、長引く頑固な咳に続き、次第に特徴ある発作性けいれん性の咳となります。短い咳が連続的に起こり、続いて息を吸う時に笛の音のようなヒューという音が出る様な咳嗽発作をくり返すようになり、しばしば嘔吐を伴います。
乳児期早期では特徴的な咳がなく、単に息を止めているような無呼吸発作からチアノーゼ、けいれん、呼吸停止と進展することもあり、注意が必要です。
また大人の場合も、特徴的な咳発作がないため、診断が遅れることもあります。
きちんと治療しても、経過としては、2~3ヶ月かかる病気です。

百日咳は母親からの免疫が期待できないため、乳児期早期から罹患する可能性があります。わが国では、生後3ヶ月から百日咳ワクチンを含むDPT 三種混合ワクチン接種(ジフテリア・百日咳・破傷風)を実施しています。大抵ははじめて受ける予防接種ですね。

ポリオが先か、BCGが先か、三種混合から????

悩まれているお母様達も多いと思います。
ポリオもBCGも集団接種ということもあり、受けれる時期が限られています。
しかし、今の流行などを考えると、早く三種混合を受けて百日咳に対する免疫をつけるほうが大事だと思います。
ポリオも結核も怖い病気ですが、実際周りに今あるかということを考えましょう。
まだ三種混合を受けていないお子さんをお持ちのお母さんは、早く予防接種を受けさせましょう。

また長引く咳に悩んでいる大人の方は、早目に病院で診断を受けましょう。
あなたが感染源となり、まだ免疫を持っていない子供が百日咳にかかって大変な事になる可能性があります。
大人は咳が出て体力を消耗して・・・ですが、子供にとっては生死に関わる病気ということを心に留めておいてください。


"頑固な咳は百日咳の可能性も?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント