寒さ対策 ~衣服編~

寒さ本番です。
今日は寒さ対策について書いてみたいと思います。

重ね着のコツ
分厚いセーターを1枚着るよりも、薄くて軽い下着やインナーを何枚か重ねた方が暖かくなります。重ね着すると、服と服の間の空気が断熱材になって熱を蓄え、寒さをシャッターアウトしてくれるからです。上手に空気を重ね着しましょう。

下着選びのポイント
汗で下着が湿ると体を冷やしてしまうので、下着は通気性のいい物が良いです。下着はコットンという人も多いと思いますが、木綿は吸水性には優れていますが、乾きが遅いという欠点があります。天然素材ならウールやシルク、または最近出回っているポリプロピレンなどの速乾性素材などがお勧めです。これらの繊維は、水分を含みにくく、熱を閉じ込めて汗だけを繊維のすきまから外に出すので、体を冷やさずに暖かさを保ちます。また下着がゆるいとすきまから体温が逃げてしまうので、体にぴったり合ったサイズのものを身につけるようにしましょう。

露出は少なめに
外気に触れた肌から熱が逃げて体温が下がり、寒いと感じます。体の露出部分は極力減らしましょう。首元はスカーフやマフラー、タートルネックなどでガードしましょう。足元も、レッグウォーマーなどでカバーすると暖かいですよね。

寝るときは・・・
パジャマを着る直前に、ほんの少しの間でいいですから、衣類乾燥機にかけてみてください。毎日暖かく、さらりとした肌触りの良いパジャマになり快適です。足元をぬくめる意味で、靴下を履いて寝るといいですよ。ここでも2枚重ねは有効です。5本指の靴下の上に、普通の靴下をはくと尚一層効果的です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック