インフルエンザの治療法

これまで、インフルエンザの治療薬と言えば、

飲み薬ならタミフル

吸入薬ならリレンザ


と言う流れになっていました。

でも今年からは、新しいお薬が出てきています。

まずは、吸入薬のイナビルです。

これは、一度吸入すると効果が5日程度持続すると言う優れものです。

効果としては、これまでのタミフルやリレンザと同様、

治療開始後1日前後ぐらいで解熱するといった感じのようです。

抗ウイルス薬を5日間飲み続けなければいけないという

面倒さがないという意味ではよいのですが、

ウイルスの排泄期間は解熱後も数日続いていると言うのは、

他の抗ウイルス薬と同じであり、

「薬も飲んでいない、熱も下がった!」と早目に集団生活に戻る事で、

他の人に観戦させてしまうというリスクはありますね。


もう一つの新しい治療薬は、点滴のラピアクタです。

これも、一度点滴すれば効果が5日程度持続すると言う優れものです。

薬を飲んだり、吸入したりする事が困難な方にかなり有効ではないでしょうか。

これも効果としては、これまでのタミフルやリレンザと同様、

治療開始後1日前後ぐらいで解熱するといった感じのようです。

解熱傾向がない場合は、翌日にもう一度点滴できるようになっています。

この治療も、ウイルスの排泄期間は解熱後も数日続いていると言うのは、

他の抗ウイルス薬と同じであり、先程のイナビルと同様、

「薬も飲んでいない、熱も下がった!」と早目に集団生活に戻る事で、

他の人に観戦させてしまうというリスクはありますね。


どちらの薬もこれまで、

「5日間続けて飲んでくださいね!」

と口を酸っぱくして説明しても、

症状がなくなったら飲み忘れたり、故意に中止したりして、

耐性ウイルスを増やす原因になっていたリスクを減らすことはできます。

でも、万が一、副作用が出たときに、

タミフルやリレンザなら治療を中断して様子を見るという事ができましたが、

今度の治療方法では、

一旦体の中に入ってしまったものを消すと言う事はできないので、

ちょっと心配です。



インフルエンザ警報も、そろそろ洩れ聞こえてきます。

関西で流行がはじまるのも時間の問題でしょう。

現在ノロやロタなどの感染性腸炎が流行しており、

例年の流れではこれらがおさまってきたころに

インフルエンザの流行が始まります。


まずは

予防接種で免疫力をつける事での予防


そのあとは

手洗い、うがい、人混みでのマスク着用などの自己防衛


それでも罹ってしまった時は、

あなたはどの治療法を

希望されますか?



この記事へのコメント

ぽぽ
2010年11月27日 16:54
新薬も一長一短あるんですね。
>あなたはどの治療法を希望されますか?
早く楽になるならどれでも良い。
でも、熱で朦朧としてたら、考えられないね。
 
まずは予防ですね。
あやのすけ
2010年12月07日 08:42
インフルエンザの注射、先月末にすませました!
公共交通機関利用の際は、マスク。
帰宅したら、手洗いまでは、、、うがいはつい面倒くさくって^^;
今年はインフルより、ノロウイルスってのもよく聞き心配です。
もしものインフルエンザになってしまったら、慎重に治療法、考えなくっちゃ!!

ご無沙汰しております、お元気ですか?
ブログの再開は、ないかも、、、ですが、時々こちらはのぞかせて頂きますネ^^
2010年12月11日 16:39
☆ぽぽさんへ☆
お返事遅くなりました。。。。
まだこのあたりでは流行っていませんが、北海道や九州とジワジワと流行が始まっているようです。
まずは予防!
それでも罹ってしまった時のための参考になれば幸いです。。。。
私だったら、点滴でお願いするかな(・_・)/ ハーイ!
でも点滴は怖いんだけど。。。。
2010年12月11日 16:40
☆あやのすけさんへ☆
最近ブログはご無沙汰気味です。
というのも、twitterにハマっちゃって。。。。
あやのすけさんはtwitterしてないんですか?

この記事へのトラックバック